勃起とED

勃起とED

勃起の仕組み

勃起が起こる理由と仕組みは、男性器のそのほとんどは「海綿体」という多くの毛細血管の組織で、それはスポンジ状ような構造となっています。

性的刺激を受けた大脳は一酸化炭素を作りサイクリックGMPという物質を増加させます。このサイクリックGMPという物質が海綿体の神経へ届き血管を拡げそこへ大量の血流が流れ込みます。スポンジ状である海綿体は膨張・硬化し、勃起をする。大まかに言うとそういった仕組みになっています。また勃起したとはいえ性的刺激を受け続けないと勃起状態をキープする事はできません。年齢的な事もありますが、性的な刺激がなければ若い人でも2分程度、40代、50代ともなると数十秒程度しか勃起状態をキープすることができません。

勃起不全(ED)の仕組み

勃起不全(ED)の仕組み

正常に勃起できてたのに勃起不全に陥る仕組みは勃起の為に必要なサイクリックGMPという物質が酵素の中に入っているPDE-5(ホスホジエステラーゼ)がサイクリックGMPを消してしまうからです。PDE-5の働きを抑えれば勃起するという事です。そのためにバイアグラのようなED治療薬が開発されたのです。またED治療薬の事をPDE阻害薬ともいいます。また老化、生活習慣病のために血管の詰まりなどにより、陰茎(海綿体)への血液の流れが抑制されている事も勃起不全の原因です。生活習慣を改善する事によりEDの症状を回復へと導けます。そしてED治療薬を服用する事で完治するので安心して下さい。

早期治療を行う事で症状の回復、治療はできます。最近、勃起する頻度が少なくなった、硬さに満足出来ない時がある、性行為の途中で萎えた、などありましたらEDを疑った方がいいです。食事療法、運動療法、そしてED治療薬の投薬でEDは治ります。通販で気軽に購入する事ができるので利用してみて下さい。EDはこうして意識をする事も治療するにいたって大切な事です。パートナーを悲しませない為にもEDを完治しましょう。